脈動オーロラ発生時に大気に降り込むキラー電子(想像図)

脈動オーロラ発生時に大気に降り込むキラー電子(想像図) (? 脈動オーロラプロジェクト)

概要

三好 由純氏(名古屋大学)率いる研究チームは、いろいろな大きさの淡い光が様々な周期で明滅を繰り返す脈動オーロラと呼ばれるオーロラに伴って、オーロラ電子の1000倍以上もエネルギーの高いキラー電子が、宇宙空間から大気に降り込むという新しい理論を提案し、シミュレーションで実証しました。さらに、JAXAの「れいめい」衛星が観測した脈動オーロラ現象とNASAの「SAMPEX」衛星が観測したキラー電子の降り込み現象を説明できることを示しました。

キラー電子は人工衛星の故障を引き起こすことや、高度60km付近の中間圏のオゾンを破壊する可能性があることが知られています。今回の理論は、オーロラが明滅したときに、中間圏のオゾンが破壊されている可能性があることを示すものです。

今回提案された理論の実証を目指して、2021年12月に、米国アラスカ州において、米国NASAとJAXA、名古屋大学等による観測ロケット実験が予定されています。

この研究成果は、2020年11月6日付米国地球物理学連合速報誌 Geophysical Research Letters に掲載されました。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://www.jaxa.jp/press/2020/11/20201112-3_j.html